モア ベター フォト

良い写真を撮るために

機材の迷路

現在仕事用に使用している機材が

動画撮影用にsony α6300、写真撮影用にsony α7R2の2台体制です。

きっかけは忘れましたが、a6300には下のsmallrigのケージをつけてます。 

 

この製品がすこぶる良くて頑丈で安心、無骨でかっこいい。

縦位置撮影の際にも1/4ネジ穴が無数にあるのでとても実用的です。

これはぜひa7r2にもつけたいと検討。

ただし比較的安価な製品はa7r3用しかなくすっかり熱も冷めていましたが、インスタに「a7r2用のL字プレートが発売、プレオーダー受付中」との情報が!

再びsmallrig熱が再燃。しかしここからが機材の迷路の入り口だった。

 

一度今回の機材の悩みをまとめると、

ー動画ー

カメラ sony α6300に

一脚  マンフロットMHXPRO

 そう、マンフロットがデザイン、使用感ともに満足いったためこの組み合わせで満足しています。

 

ー写真ー

カメラ sony α7R2

三脚  slik able 300ST

中古で買ったので詳細は不明ですが、雲台がネジ雲台のため着脱がとても手間がかかるのが問題でした。マンフロットのクイックリリースプレートを覚えてしまうとなおさら。

 

 

解決したいことは

  • ケージをつけたい
  • ハンドストラップで使いたい
  • 三脚はマンフロットで揃えたい

あれ?意外と書いてみると単純だった。あれだけ悩んだのにな。

とはいえ備忘録的に書き出したので悩みの出口までの経過を書こう。

 

まずはじめにsmallrigから新発売のa7R2用ケージ2278がスクリューマウントとして使えるかどうかをチャットで問い合わせてみた。

なぜなら2278はアルカスイス互換での使用を推奨しているから。

(今思えばここが今回の迷路の最大のつまづき。解決したいことを優先順位で並び替えをしなかったためにケージを決めたのが間違いだった。ただし機材についての知識が少なく、雲台が変えれることを忘れてマンフロット=200PLプレートしか使えないという思い込みしかなかったことも原因。そして将来的に三脚をマンフロットにするという計画をみこさずにL字プレートありきで考えたために多大な時間を割いてしまったのだ。)

 

smallrig様からの回答は「できますよ」を期待していたが、予想に反して「可能ではあるが、直接の接続は推奨していない。」との返事。

これがきっかけでケージ選びで多大な時間を費やすことになった。

ケージのデザインと価格を見比べながら選ぶとプレオーダーのL字プレートに比べて非常に高い!

 

 

とか 

 が候補に上がっては消え、上がっては消えの連続。

(今思えばアルカスイス互換なんて全く頭から外れている候補だった。)

新品を買うと10000円〜15000円の製品だ。当初予算はプレオーダーの2098で5000円だったのにすでに倍以上。

ここで次に何を考えたかというとメルカリ、ヤフオクなどのフリマアプリの検索だった。残念ながらメルカリにはなかったが、さすがヤフオク。1660という1982の一個前のケージと2098が5000円〜で販売中だった。

これならどちらも予算内。早速ウォッチリストに追加して虎視眈々と2日後の終了時刻を睨みながら製品の品定め。

 

第一候補に挙げたのが1660だった。

良い点:一体型のシンプルな構造なので壊れない。

悪い点:枠がシャッターボタンにかかるのでは?という疑問とオフストロボのコマンダーがかかるのでは?の2点。

 

そこで2098をじっくり調査すると

良い点:ハーフケージなのでハンドストラップがそのまま使える。分離型なのでマンフロットのクイックリリースプレート(QRP

で利用可能。ケージをはめるとスクリューマウントでも利用可能。

悪い点:分離型なのでガタツク、緩みやすいなどのネガティブコメントがあった。また重量が300gとやや重い。

 

しかし分離できるのでマンフロットのQRPとスクリューマウントが使える!しかもハンドストラップもちょうどハマる!という点だけをみて入札参加決定。

落札時間は日曜22時。ヤフオクのゴールデンタイムだ。

朝から特に動きもないので余裕で落札できるだろうと高をくくっていたが、10時過ぎ突如一件の入札。

まだ時間はある、落ち着いて分析する。気になるのは自動延長の有無だ。

出品者にとっては熱いシステムだが、落札者にとってはたまらない。ギリギリで入札と思いきや5分延長が繰り返されてしまうので冷静に入札しないと思わぬ高額で落札してしまい後悔が続いてしまう。

この商品が自動延長システムに該当しているかというと・・・していた。

こうなったら5分10秒前に入札することで自動延長回避を狙うしかない。あとは入札者がその時間に寝てることを願うだけだ。

昼間に何度かチェックしたが、入札は最初の1件のみで止まっている。

嵐の前の静けさか。他にも狙っているものがいるのか。

メルカリと違ってヤフオクは落札までのドキドキがある。スリルがある。

だからこそ落札した時の達成感もたまらないのだ。

昼、夕と入札もなくタイムリミットが近づく。22時になっても動きはない。

リミットは26分だったので22時20分にタイマーをセット。合わせて18分のカウントダウンも始めた。チェック、ダブルチェックだ。

そしてカウントダウン後も入札はない。どうやら一騎打ちの模様。

自動延長で熱くならないように予算枠は6000円に設定。最初の入札で一気にこの金額で指値をしてやる気を見せる手もあるが、どうせならじっくり楽しみたい。最初の指値は5100円で様子見しよう。と思ったら5250円しか受け付けられない。なるほど単位切り上げか。仕方なく5250円で入札。

22時20分、「あなたが最高入札者です!」の表示。テンションが上がる。

あとは最初の入札者が寝ていることを望むのみだが、1分も経たずに更新。

ちぇっ、起きてやがった。楽には勝たせてもらえないか。

残り時間も延長が始まって8分まで伸びていた。こうなったらしょうがないので5750円で再入札!次の6000円が来たらお手上げ、しゃーないと思っていたらあっさり更新wあと250円プラスするくらいと思って続いていくのがこのシステムなのだ。

予算は5000円のはずなのに1000円札1枚プラスして買えるなら、250円プラスして買えるならと限界を決めずにいくのが失敗の元なのだと実感した。

現に6000円に250円プラスしたら買えるし、落札の達成感があるかも。とも考えていた。今回はちゃんと踏みとどまれたことが良かった。

 

一旦リセットして機材購入は見直しととりあえず寝ることに。夢の中までは出てこないが寝ながらもいろんな可能性を考えた。まず大事なのはプレートの互換性か。その点で言えば落札予定だった2098は200PL対応なのは内側のケージだけ。ということは将来的にマンフロットで雲台を運用した場合ケージは常に付けっ放しは難しくむしろ使う頻度が増えてしまうことに気づいた。

 

さてどうするかなー。と悩んでいるときに聞いたのがsiruiのボール雲台だ。人気ユーチューバーが紹介をしていて、これを買えばアルカスイス互換のL字プレートが使えるとのこと。ということは?と一旦ケージからリセット。

 

そして悩みの優先順位を並べなおすと

  1. 三脚をマンフロットにして高さ調節をスムーズにした
  2. 縦位置でカメラをセットした際にしっかり固定したい
  3. L字プレートを使うことで縦位置と横位置を変えてもフレームの中が変わらないようにしたい
  4. ハンドストラップを使いたい

だった。ということはまずケージよりも何よりも三脚である。

そしてマンフロットの雲台ではなくアルカスイス互換の雲台を探すことが、悩みを全て解決することに気づいたのである。

そうと決まればボール雲台だ。アルカスイス互換のボール雲台で探すとあっさりと決まった。

 

それが これだ。

 これを

 

Manfrotto プロ三脚 190シリーズ アルミ 4段 MT190XPRO4

Manfrotto プロ三脚 190シリーズ アルミ 4段 MT190XPRO4

 

 につけることで全てが解決するようだ。

 

本当に単純。おそらく機材の知識がある人であれば1分でたどり着くであろう組み合わせの回答に約2日もかかってしまった。

それもこれもアルカスイス互換という言葉を調べずに来た自分の無知のせいだ。

とりあえずケージに関しては当初の予定通りプレオーダーのL字プレートを購入。21日以降の発送になるのでおそらく来週には到着するだろう。

雲台と三脚は来月中には購入する予定なので来月にはほぼシステムについては完成するはずである。

今回は本当にヤフオクで落札できなくて良かったと思う。

迷路から出たらあとはガシガシ撮影するだけだ。今年の確定申告はとても事業の将来性に疑義を感じる状態であったのでガシガシと営業に行きます。

Lightroomはじめました

学生時代に暗室作業でフィルム現像から紙焼きまでやっていたあの情熱の日々からはや20年・・・。

 

出だしに色々書こうと思ったけどめんどくさいので要件を簡単に言うとやっとこさLightroomを使い出しましたw

 

フィルムから写真を撮りはじめ、デジカメも35万画素ぐらいの時から使って500万画素のオリンパスE-500を使い出したあたりでadobeソフトの知識はphotoshopで止まってて、

RAWで写真を撮る=めんどくさい。jpeg撮って出しのphotoshop処理でいいじゃない。くらいの感じで写真を撮り続けてました。

撮った写真もできるだけphotoshopでいじらないのが正義!(と言いながらめんどくさいのもちょっとあるけど)そんな性格も原因。

 

ところが先日うっかりウェディング写真の仕事を承ってしまったのがきっかけでLightroomが超絶便利なソフトだと言うことを知ってしまったのです。

使い出すまではLightroom=RAW現像をするだけのソフトのイメージでしかなかったのですが、これ写真データの管理にすごく役に立つんですね〜!まじで知らなかったことを後悔しました。

 

今までの写真管理方法はと言うと

  1. 写真撮る(JPEG)
  2. データを母艦に落とす
  3. 日付をつけたフォルダに入れる
  4. 外付けHDDに保管

でした。あとで写真を見るときはそのフォルダを開いてサムネイル画像を見ながらクリックして展開、photoshopで画像修正。

これJPEGファイルだからどんどん劣化するんですよね。それもあって撮ったままになってる写真がたくさんあります。

 

しかし、Lightroom classic ccを覚え出してからは

  1. 写真を撮る(RAW)
  2. Lightroomに落とす(外付けHDDに読み込み)
  3. Lightroom上で現像
  4. JPEGで書き出し
  • 超絶便利!
  • 大量写真データも簡単に処理できる!
  • データ劣化しない!
  • タグ付けで検索が簡単!

もう利点しかない。なんでもっと早く知ろうとしなかったのか。

先日のウエディング写真のデータは約350点photoshopで展開しながら修正をしたからほぼ1日がかりだった・・・。

おかげでとても成長できたので今後はどんどんRAWデータで写真を撮っていろんな表現にチャレンジします。

 

 

ワイヤレスイヤホン買った

以前記事を書いて、いまだに一番見ていただいている記事

 

sho16chang.hatenablog.com

 この壊れた奴はさっさと見切りをつけてiPhoneの純正有線コードイヤホンを使用しておりました。

聴けることは聴けるんだけどワイヤレスの便利さを覚えた体にはなんとも不便で、耳からもポロポロ取れるし・・・。とずっと悩んでました。

でもBOSEの一件以来ワイヤレスに対する不信感が強まっているので購入をためらってましたがついに購入。

 

それがこちら!ジャーン🎶 

 購入して1ヶ月ですが今の所悪い点が見られません。

まず目を引くのが18ヶ月保証!

今回購入する主な動機はワイヤレスであること、壊れないこと、安いこと、以上。

その点ワイヤレスであることは当然◯、安いことは2999円なので◯、あとは壊れないことだけでしたが、そこは18ヶ月の保証期間で十分カバーできます。

 

購入時には気にしてませんでしたが、ノイズキャンセリングがついており某メーカーのように小難しい機能ではなく物理的にしっかりと耳に入れたらなかなかのノイズキャンセリングになります。公道を歩くのは危ないくらい。

あと特に便利と思ったのが使わないときはイヤホン部分同士が磁石でくっつきます。

これが地味に便利でうっかりなくすこともなさそう。

あと某メーカーのように左右のバランスが崩れてネック部がずれることもないです。むしろ軽すぎる。使わないときの収納ポーチも4分の1くらい。

2019年買ってよかったものランキング入りノミネート決定です!

これでキンドルの読書(音読)が捗ります。

絵馬を見る

f:id:sho16chang:20180913094207j:plain

先日仕事で福岡に行った帰りにただ国道を通ってもつまらないので名所に寄り道して行くことにしました。というのも福岡で献血をしている時に勉強のつもりで見ていた雑誌に祐徳稲荷神社が載っていたのです。

 

学生時代からこの歳まで長崎〜福岡の間を何十往復したかわからないくらい行ったり来たりしているのに今まで一度も行ったことがなかったんですね。

先月は元ノ隈稲成神社(山口)にも行ったし何かの縁だ、気軽に寄れるし行ってみよう!と伺いました。

 

雑誌で軽く情報を仕入れており、どうやら「奥の院」というところまで行けば祐徳稲荷を満喫したことになりそうです。

 

境内を見ながらさすが稲荷神社と言うだけあって朱色の鳥居と狐様がたくさん。平日の午後だったので観光客もまばらでゆっくり散策。

境内から見上げればちょっと階段を登ればたどり着ける本殿は見えました。ビル3階分くらいの高さの階段を登り無事到着。ここには絵馬が多く飾られてあり私は書かないけれど人の絵馬を見るの好きなんですよねw

 

通常であれば「高校受験うまく行きますように」「足が速くなりますように」。ここら辺はベタ。でもちょっと前見たのは「プレステ4が欲しい」「Nintendoのswitchが欲しい!」をよく見ました。これはサンタさんへのお願いですね。

今回のヒットは「お母さんにくびれができますように」これは本人が書いたのかな?

もう一つのヒットは「離婚問題が円満に解決できますように。あと宝くじ高額当選できますように」の2ベースでした。ここまで欲望をさらけ出されると清々しい気分になりますね。

 

そんな束の間の楽しみを味わいながら、奥の院はまだ先だなと歩みを止めずに進みます。

当日の服装は仕事の移動中だったのでポロシャツにスラックス、靴はテクシーリュクスでした。いやぁ革靴じゃなくてほんとよかった。

だって歩いても歩いても先が見えないし階段も綺麗な人工階段から丸っぽい石を積み上げて作ったタイプの階段に変わり、あと200mの看板が・・・。登山とまではいかないけど平日で人が少ないのが逆に寂しさを感じさせる独り歩きになりました。今度はもう少し歩きやすい靴で小銭を多めに持って行こうと思います。

Cactus V6ⅱs と CactusRF60X

ストロボシステムを変えたものの到着してしばらく使っておらず、本日からようやく本格始動!・・・の前にテスト撮影と。

 

以前α7R2で試し撮りはしてたので今日も簡単に〜♬と思ってたら動かない。

セッティングってそんなに難しかったっけ?

基本的に電化製品は説明書を読まずに雰囲気で動かして生きて来たのでカクタスも同様に動かせていたのに動きません。

 

V6ⅱsで指示を出してもRF 60Xが動かない!おかしいなぁ。と思いながら渋々説明書をだして読んだもののわからない・・・。ペラがみで目次もなく書いてるので目標探すのがわかりにくいですね、これ。

こんな時はググったら大抵同じことで悩んでる人もしくはユーチューブに動画をアップしてくれてたりするんですよね!と検索するも少なっ・・・。人気ないのかな?これ。

しょうがないから説明書を読むけどストロボは「RF 60のTTLでセッティングを〜」的なことが書いてあるだけ。俺のは60FでTTLはついてないんですよ。

というわけで一から検証し直そうとカメラへのセッティングからやり直し。

今回V6ⅱsは2台体制で揃えたのでその比較から。

すると1台は簡単にストロボ発光できることを確認!

やはりセッティングは問題なかったようなので2台の設定を比較。

Functionメニューを一つづつ確認していくと違いを発見。

それはバージョン表示が出るか出ないか。

ストロボ発光の指示が出せる方はPreferencesでFIRMWARE VERSION1.1.003が出ます。これか、違いはここかーと早速IMAGE VISIONのHPに行ってアップデートを探しダウンロード。これで問題解決ー♬とウキウキセッティング。

 

が、光らない・・・。なんで?やはり不良品か?保証期間は1年だからいいけど交換とかめんどくさいんだよなー。と思いながら一旦サポートセンターに聞いてみようとすぐ電話。

思いの外すぐに電話がつながり今日の出来事を説明。するとやはりファームウェアアップデートが問題でなんとアップデートしたと思ったらもっと最新があったらしい。(古いの消してくれたらよかったのに)と思いながら電話口で説明してもらいながらアップデート完了!これでようやく解決しました。

説明書を読んでいるときに『ユーザー登録をお願いします』ってのがあったのを思い出して

俺「これユーザー登録をしてたらアップデートの連絡とかくるんですか??」

サポート「できればして欲しいですが、FBかツイッターでも情報を出してるのでそちらでもいいですよ!」

との返事。

というわけで早速ツイッターをフォローしてみました。いろんないい情報、シューが壊れやすいので注意!とか(1台はもう割れてましたw)ファームウェアの情報とかあったので問い合わせてよかったです。結果オーライだけど色々勉強になりました。

懸垂バー設置!

過去最高体重の74キロから現在は65キロで多分キープしています。

多分というのが74キロ時点でのダイエット法が間違っていたのでいまは鏡を見て目視確認です。

間違ったダイエットというのが、カロリーコントロールして有酸素運動(ランニング・ロードバイク)をして体重を計測して1ヶ月ちょっとで10キロ痩せるというもの。

 

確かに10キロ痩せましたが、風に吹かれるだけでふらっとするようなカッスカスになってしまいました。おかげさまで一瞬だけ20年ぶりに50キロ台に戻りましたが。

 

そこからは食事や栄養についていろいろ知識を得て人間の体はホメオスタシス(恒常性機能)を持っており、良くも悪くも急激な変化をしないようにいろんなものを”保つ”機能があるようです。

からしっかりリバウンドしてもとの69キロまでなだらかなにリバウンドしました。

元々の食事が麺類や菓子パンなどの炭水化物、糖質中心の食事に加えて運動不足もあったので以前の体型には戻らずにすみましたが、そこからはしっかりと筋トレを毎日の習慣にしています。

 

ランニングは時間もかかるし面白く無くなって来たのでロードバイクに乗ったりしましたが、一番続いているのが手頃にできる腕立てと腹筋ローラーでした。

 

腕立てバーを使って20秒、腹筋ローラーで20秒、間に10秒休憩を挟んで4セット。

タバタ式トレーニング風で4セットづつやっています。おかげでジムなどにも通わずにうっすら腹筋も割れてるし体重超過も見られません。

体重もスーパー銭湯などに行った時にちらりと測るくらいです。あとは毎日の風呂の前に目視だけ。

 

そんな中なぜか気になりだしていたのが懸垂トレーニングなのです。半年前くらいにブログで書いた

 

sho16chang.hatenablog.com

 

木に引っかかった機体を取ろうと木登りをしたのがきっかけ。木に登って無事に取れましたが、数日後の筋肉痛が重かったのです。

その時も筋トレはしてたけどこんなにくるものかーと。これは懸垂をするとさらに筋力アップに繋がりそうと鉄棒を探しましたが、なかなかないんですよね。

 

ぶら下がり健康器では邪魔になるし、器具を買ったら高いし。そんな時に見つけたのがドアジムです。

 

ドアジム DOOR GYM 1型

ドアジム DOOR GYM 1型

 

 まず安い!そして棒だけ!w

これですこれこれ!シンプルかつコスパが良い。

 

本日届いて早速取り付けました。説明書などもないので雰囲気でつけましたが、すでに10回ほど懸垂を行なっているので大丈夫っぽい(1回飛びついて落ちましたが汗)。

まだ連続3回が自己記録なのでなんとか10回を目標に部屋に入室する前の習慣にしていきたいと思います。

 

2019年2月11日追記

購入してから約半年、現状報告を記入。

部屋の前に関所のように設置したので出入りする際につかまったり懸垂したりとなんやらかんやらで回数はこなしていました。最初は当初日記に書いていたように3回がやっとでしたが、斜め懸垂に始まりじわじわと筋力がついてきたようで今は10回連続は無事クリアしております。

体型も3ヶ月ほどで背中の筋肉がついてきて脇の裏あたりが広がってきてます。逆三角形に近くなっているかも。腕立て、腹筋ローラーをしなくなってきましたが、筋肉の衰えは感じない(むしろ増えた)のでこの習慣を続けます。

 

 

気づいたら入信してた(宗教ではない)

きっかけは本当にちいさいモノだった。

手のひらよりも小さな長方形の可愛いもの。

それまでも小さな2つに折れるものでも満足していた。

 

それから10年が過ぎた今、目の前にある光景からこれだけは言える。

「私は入信しました」と。

うっすらとはわかっていたけど、この1ヶ月で一気に浸かりきってしまった。

そう、Apple信者になったのだ。

 

左手にはアップルウォッチ、テーブルにはiPhoneiPad

ブログを書いているのは本日から稼働のmacbook pro。そして机の右前方にはmac miniがある。おそらくここから数年はApple製品を触らない日はないであろう。

入信といっても新製品を買うためにapplestoreに並んだりするほどではない。

ただスタバに行ってしまうと手首にアップルウォッチ、テーブルにはiPhone、そしておもむろにmacbookを開いてしまうことになるだろう。ここにiPadまで用もなく置いていたら「うわぁ・・・」と思われるだろう。

そういう自分も思っていた。ほんの2ヶ月前まではiPhoneを見ながらアップルウォッチをつけている人を見ると「ああね」と。

 

加速したのは2018年6月。時計を機械式時計からアップルウォッチに変えたのが始まりだった。そこからヤフオク、メルカリでいろんなものを売っては資金を増やして行った。いろんなものを圧縮して行きたい。心の中のざわざわさせるものを減らして行きたいと常々思っていた。

 

部屋がスッキリしていくに従って机周りのコードが気になりだした。

机に向かう、机から離れる。その度に「コードがごちゃついてる・・・」という煩悩が生まれていたのだ。それに加えてiPadへのRawデータ読み込み遅い問題も長い間の懸案であった。

 

それを解決してくれるのがmacbook proだったのだ。

これを手に入れることで机の上はおろか周辺にも仕事前、仕事後にあるのは極限まで薄く作られたmacbook pro1台だけにできるのだ。

いつ見ても心の中にざわつきは起きない。万が一起きても2cm未満のまさにbook(本)よりも薄いモノを動かせばいいだけなのだ。

 

あまりにも簡単に立ち上げ、入力ができてしまうので本日2度目の記事を書いている。

夕暮れ時の少しだけ心地よくなった風をレース越しに感じながら今後の可能性についてワクワクを感じている。

さっきハードカバーシェルを買いました。これでどこでも(あまり)気にせずに持ち運べる。

 

人は変化していく。変化=成長である。そして全てが繋がっているのだ。ここまでいろんな売買を繰り返してこの装備までたどり着いたのだ。

ここまでたどり着くのは偶然でも必然でもなく「自然」なのだ。全てを受入れその中で日々を感じていこうと思う。